ホーム  »    旅行記  »  ロンドン1日目
ロンドン2日目へ-->

ロンドン&ストーンヘンジ
ストーンヘンジ

27-31 July,
1 August, 2005

旦那様の両親と甥っ子と一緒にイギリスの首都ロンドンバースストーンヘンジに行ってきました。
たくさん観光ができて楽しめました。

 1日目 自然史博物館
 2日目 衛兵交代式&ウエストミンスター
 3日目 大英博物館
 4日目 バッキンガム宮殿
 5日目 バース観光
 6日目 ストーンヘンジ




自然史博物館
恐竜の骨格標本

1日目
27 July, 2005

飛行機でロンドンガトウィック空港に着いたので、午後から自然史博物館に行きました。

生き物についての博物館なので、恐竜、昆虫、動物などが展示してありました。
子供でも興味が持てるようにいろんな場所にボタンや扉があって展示物が動いたりするので楽しめます。



ロンドンには飛行機で行ったので、10時頃にガトウィック空港に到着しました。 到着したのはいいのですが、入国審査のところに行列ができていてびっくり〜!
並んでいる間に入国カードを記入して、その後に入国審査をしました。

ロンドンに何しにきたのか?何日滞在するのか?帰りはどこから出国するのか?職業は?などを聞かれて、そしてまた同じ質問をされるので審査に10分ぐらいかかってしまいました。
テロがあった後だから厳しいのかな?それとも前から審査は厳しいのかな?
空港からガトウィック・エクスプレスに乗るとVictoria(ヴィクトリア駅)まで約30分で到着するので便利です。

チケットを買いにカウンターに行くと、ちょうどキャンペーンをしていて、大人4人分の往復チケットが2人分の値段で買えたのです(48ポンド)
ガトウィック・エクスプレスのチケット
電車に乗って出発を待っていると、マシンガンを持った警察と警察犬が見回りにきました。
テロがあったばかりだから警備が厳しくてびっくり。 マシンガンには弾も入っていたから、ちょっと怖かったです。
ヴィクトリア駅から歩いて約5分のところにホテルがあるので、荷物を置きに行きました。 チェックインができたので、部屋に荷物を置いてから出かけました。
デー・トラベルカード まずはヴィクトリア駅に行ってデー・トラベルカードを買いました。 ゾーン1-2を買えば、ロンドンの主要なところに行けます。

大人4人、子供1人と言ったらなぜかファミリーの値段になっていて大人は3.10ポンドになっていました。
この値段は本当は間違っていて、次の日からは大人は4.70ポンドの普通の値段になっていました。
7日間有効のトラベルカードもあるのですが、ロンドンに4日間滞在の場合はデー・トラベルカードを毎日買った方がお得です。 ゾーン内の地下鉄、バス、鉄道は乗り放題なので便利です。
地下鉄に乗って自然史博物館に行こうとしたら、テロの影響で地下鉄が動いていないところがありました。

テロがあった路線はもちろん、不審物が見つかったりするとすぐに地下鉄が閉鎖されてしまうので、乗る前に案内掲示板を見てから乗ります。
自然史博物館の最寄り駅はサウスケンジントン駅だったので、ディストリクト線が動いているか確認してから乗りました。
自然史博物館&恐竜の骨格標本
自然史博物館は1881年に建設された、とても立派な建物です。 この建物の中に世界中の生き物の標本が約4億点もあると思うとわくわくします。 たくさんの展示物があるのに無料で入れるのです(寄付BOXがあります)
中に入る前にバッグを開けてチェックされました。 中に入ってみると、大きな恐竜の骨格標本が出迎えてくれます(右上の写真)

パンフレットをもらったので、地図を見ながら見たいところから見ていきました。
まずは昆虫コーナーに行ってみると、蟻、蜘蛛、蜂などの展示物があり、中には生きている蟻までいてちょっと怖い… 甥っ子は興味津々で、ボタンを押して展示物を動かして楽しんでいました。
エスカレーター&地震コーナー
地球の中に入っていくようなエスカレーターをのぼっていくと、火山、地震、地球ができるまでなどいろんな展示があります。 地震では阪神淡路大震災のコーナーがあって、スーパーマーケットの中に入ると地震が体験できるのですが、震度2ぐらいの弱い揺れなので怖くないです。

本当の地震はもっと激しく揺れるから、それを再現して欲しかったな〜
右上の写真は地震コーナーに置いてあった車のナンバーですが、神戸の神が変な漢字になってました(笑)
恐竜の骨格標本&動く恐竜
次は恐竜コーナーに行きました。 たくさんの骨格標本があり、中には動いているものもあってびっくり。
そして恐竜の模型が動いているのを見ていると、こんな風に恐竜は歩いていたのかというのがわかって面白いです。 恐竜が動いているから子供たちに人気の場所でした。
哺乳類の骨格標本
哺乳類のコーナーにはシロナガスクジラ、イルカ、マンモス、象などの模型や骨格標本が展示されています。 シロナガスクジラの模型の大きさにはびっくりしました。
象の進化がわかるように年代別に展示されているのも面白かったです。
象の歯は草履のように大きくてびっくりです。

だんだんと疲れてきたので、カフェでちょこっと休憩しました。 まだまだ見るところがたくさんあるので、見たいところだけ見に行くことにしました。
鳥類、魚介類、鉱物などを見ていたら足が疲れてしまって、集中力もなくなってしまいました。 1日で全部見るのは無理なので、見たいところを見るか、何日かに分けて見ることをおすすめします。
最後に大きな木の年輪を見ました。
写真に写っている人と比べてみると大きさがわかると思います。

直径2m以上もある木が存在していたと思うと不思議です。 木は長生きです。
自然史博物館は子供も大人も楽しめる場所でした。
木の年輪
疲れたのでホテルに帰って休憩してから、ホテルから歩いて行けるフィッシュ&チップスのお店に行きました。
フィッシュ&チップスは油っこくてまずいという評判ですが、本場のイギリスで一度は食べてみたいと思っていたのです。

シーフレッシュ・フィッシュというお店に行きました。 スコットランドから毎日新鮮な魚介類を直送しているというので大丈夫そうです。 中に入るとお客さんがたくさんいたし、地元の人が多いみたいなので安心しました。
念願のフィッシュ&チップスを注文しました。 魚は選べるので真鱈(コッド)にしてみました。

お皿には大きな真鱈を揚げたものと大量のフライドポテトがのっていてびっくり!
食べてみると真鱈がプリプリしていてすごくおいしい。 フィッシュ&チップスはまずいものだと思っていたから、おいしくてびっくりしました。

モルトヴィネガーをかけて食べるとさっぱり味になるのでおすすめです。 でもボリュームがあるので途中であきてしまいます。 フィッシュ&チップスは意外においしいので一度は食べてみる価値があります。 イギリスらしいものを食べられて満足しました。 次の日に備えて早めに寝ました。


ホーム  »    旅行記  »  ロンドン1日目
ロンドン2日目へ-->

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー