ホーム  »    旅行記  »  軽井沢1日目
軽井沢2日目へ-->

軽井沢でリラックス
つるや旅館

17-19
October, 2004

旦那様の家族と長野県の軽井沢に行ってきました。
久しぶりの家族旅行だから、みんなで同じお部屋に泊まりたかったので旧軽井沢 銀座通りの一番奥にある旧軽井沢 つるや旅館に泊まりました。

軽井沢プリンスショッピングプラザでお買い物したり、軽井沢を散策したり、ちょっと足を延ばして小布施(おぶせ)にも行ってきました。

のんびりできたので、体も心もリラックスできました♪


1日目 軽井沢でショッピング
2日目 小布施へ
3日目 草津を散歩




軽井沢でショッピング
つるや旅館

1日目
17 October, 2004

車で軽井沢に向かいましたが、渋滞もなくスムーズに着きました。

この日は、アウトレットショップなどがある軽井沢プリンスショッピングプラザに行き、ショッピング三昧です。
洋服をたくさん買えたので満足できました♪



朝早く家を出て、軽井沢に向かいました。 高速も空いていて、渋滞に巻き込まれることなく軽井沢に到着しました。 この日のメインは、軽井沢プリンスショッピングプラザでのお買い物です。
10時オープンなのに、その前に着いてしまったので、車の中でちょこっと待機しました。
EAST、NEW EAST、WEST、NEW WEST、味の街・アイマックス棟があります。
お店が190店舗以上あるので、ガイドマップを見ながら、気になるお店を見て行きました。
まずはEAST、NEW EASTを見て行きました。
EASTはスポーツ系のお店が多いので、テニスで使うジャージがないかを物色。

アディダスのキッズコーナーで私に合うサイズが見つかり、ジャージのパンツだけを購入しました。
みんなもいろいろお買い上げ。

次は、NEW EASTに行きました。 ここは、海外の洋服屋さん、バッグ屋さん、雑貨屋さんなどがあるので、見ているだけでも楽しい。
旦那様はスーツを買ってました。
軽井沢プリンスショッピングプラザ
EAST、NEW EASTを見ていたら、12時を過ぎてしまいました。
2時間以上もお買い物をしたというのに、まだ全体の3分の1しか見てないのです。 これでは全部見るのに1日かかってしまいそうです。

お昼を過ぎたので、まずはお昼ごはんを味の街・アイマックス棟で食べることにしました。
食べたい物が男性軍と女性軍で違かったので、別々に行動することにしました。
男性軍はとりまるで、唐揚げ定食を食べたそうです。 注文するとあっという間に出てくるという、男性にはたまらないサービスだそう。 そして、鶏肉は榛名鶏を使っていて、とってもやわらかくておいしかったそうです。

女性軍はとりまるの隣にあるせんまい田に入りました。 浅科の五郎兵衛米を使ったおにぎり屋さんです。みんな豚汁セットを注文しました。
好きな具が選べるおにぎり2つ、豚汁、漬物のセットです。 いろいろ気になる具があったのですが、私は野沢菜溜まり醤油漬け、ふき味噌にしました。

野沢菜溜まり醤油漬けのおにぎりは野沢菜の葉っぱが巻いてあって、とてもおいし〜
ふき味噌はふきのほろ苦さがたまらなくおいしい。
写真を撮り忘れたのが残念だけど、ここのおにぎりはどれもおいしいので、おすすめです。

次は、WEST、NEW WESTに行きました。 こちらにもたくさんの洋服屋さんがあり、気になるお店を見て行きました。 ここは本当に広くて、全部のお店を見ようとすると1日かかります。 結局、16時頃までお買い物をして歩きすぎて、足が痛くなりました。
でも、いろんな物が買えたので満足できました♪
つるや旅館&看板
つるや旅館には16時過ぎに着いてチェックインをしました。
千本格子(せんぼんごうし)、辻行灯(つじあんどん)があるので、昔の旅籠の雰囲気があって素敵。

旧軽井沢 つるや旅館
住所:長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢678
TEL:0267-42-5555   FAX:0267-42-7555
ロビー&写真
ロビーはレトロな感じがして、ゆっくり落ち着ける雰囲気です。 軽井沢彫りの家具もたくさん置いてあるので素敵です。
このつるや旅館には芥川龍之介、志賀直哉、谷崎潤一郎、堀辰雄などが宿泊して、文筆活動をしたそうです。 その時の写真が廊下に飾ってあったので、写真を撮ってみました。
浮世絵&軽井沢彫り箪笥&鍵
案内されたお部屋は奥館の夏秋庵で、8畳2間で、トイレ、バス付の落ち着いたお部屋でした。 お部屋全体の写真を撮るのを忘れちゃったので、お部屋にあった物だけ紹介します。
左上の写真は浮世絵の「諸国名所百景」浅間山です。青と赤の色合いがとっても素敵。

浮世絵の中の浅間山も噴火しています。今も浅間山は煙が出ているのでちょっと怖いです。
真ん中上の写真は伝統的な桜の木が彫られていている軽井沢彫りの箪笥です。 使い込んである箪笥なので味があります。 右上の写真はお部屋の鍵です。小さな鍵なのがかわいい♪

お部屋でくつろいでいると、チャイムがなり、女将さんが冷たいリンゴジュースを持ってきてくれました。 長野はりんごがおいしいから、ジュースも甘くておいし〜。
旅館だと、ここでチップを渡さないといけないのですが、この旅館はノーチップ制なので、チップはいらないのです。 チップを渡すときのタイミングを気にして、気を使ったりすることがないので良い制度です。

その時に夕食の時間を聞かれて、19時にしました。 夕食は広いお座敷で食べるのですが、つい立で仕切ってあるので、個室のような感じでくつろげます。
お膳には先付、前菜、煮物などが載っていて、それ以外の物は暖かい物を持ってきてくれるので、出来立てを食べられるのはうれしいです。
この日は、お刺身、天ぷら、鍋などおいしい物ばかりなので、お腹いっぱいになるまで食べてしまいました。

お部屋に帰ると、おふとんが敷いてあったので、ちょっとくつろぎタイム。
1時間ぐらいくつろいでから、お風呂に入ることにしました。 脱衣場には床暖房があるので暖かいです。 ここのお風呂は活性石の湯で、活性石を通って湧き出るミネラル湯は体が温まります。
体もぽかぽかになったので、お部屋に戻って、のんびりして早めに寝ました。


ホーム  »    旅行記  »  軽井沢1日目
軽井沢2日目へ-->

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー