ホーム  »    旅行記  »  ロンドン動物園

ロンドン動物園
ロンドン動物園

10 May, 2008

ロンドンリージェンツパーク中にあるロンドン動物園に行ってきました。

息子にとって初めての動物園でしたが、ペンギンやキリンなどを見て喜んでくれました。

たくさんの動物を見たから、動物に興味を持ってくれるようになりました。



オランダにいた時は、公園に行けば、シカ、クジャク、ヤギなどが見られたし、ちょっと歩けば、牛、羊、馬、白鳥、カモなどがいたから、息子は動物園に行ったことがなかったのです。 動物はたくさん見ているけど、キリンやライオンなど、大きな動物を見たことがないから見せてあげたいと思ったのです。
息子にとって初めての動物園だから、どんな反応をするか楽しみです。

開園時間の10時に着くようにしようと思って早めに家を出たけど、地下鉄の乗り継ぎに時間がかかったり、カムデン・タウン駅から10分ぐらい歩いたりと、意外に時間がかかり、10時半頃に到着しました。
まずはチケットを買いました。
以前、地下鉄の駅でもらった割引券を使おうとして、当日チェックしたら3月末で期限が切れてて使えず(涙)

寄付をしなければ15.40ポンドだけど、寄付を拒否したくないので、正規料金の17ポンドを払いました。

中に入ると道には緑のラインと数字が書いてある動物の足跡で順路が示してあるけど、私達は無視して(笑)、まずは近くのReptile House(爬虫類館)へ行きました。
チケット
ハリーポッターのプレート&亀
映画「ハリーポッターと賢者の石」の撮影が爬虫類館で行われたので、ハリーポッターとヘビのプレートがありました。 なんだか最近、ハリーポッターのロケ地ばかりに来ている気が・・・
映画に出てきたヘビがいるかと思って探したけど、同じようなヘビはいませんでした。 爬虫類館は、ヘビ、トカゲ、ワニなどがいるから、ちょっと怖いけど、小さなカメはかわいかった♪
ゴリラ
次は、Gorilla Kingdom(ゴリラキングダム)に行きました。 ここは、ゴリラが自然の中で暮らしているところが見られるようになっています。 ゴリラはけっこう大きくて、歩いているところを見ると迫力がありました。
でも、息子はゴリラには興味がないようで、あまり見てなかったな〜
子供動物園
Children's&Zoo(子供動物園)には、小動物を触れるエリアがあったので行ってみたけど、息子は羊を見て怖がって、結局何も触らず。 羊はかわいいのにな〜
でも、モルモットは気になるようで、ずっと見ていました。葉っぱを食べている姿がかわいい♪
遺産看板&ウィニーの像
ロンドン動物園は150年以上の歴史があるので、動物園内にHeritage(遺産)の看板があります。
Winnie&the&Pooh(クマのプーさん)の名前の由来になった、アメリカグマのウィニーの看板と像がありました。
クマのプーさんの作者のミルン家族がロンドン動物園に来て、アメリカグマのウィニーを見ました。 その時に息子のクリストファーが、持っていたテディベアに名前にウィニペグと名付けたのが由来です。
遺産看板&ペンギンプール
設計事務所テクトンのバーソルド・リュベトキンとオヴ・アラップの建築物のペンギンプールは、1934年に完成しました。 このペンギンプールは、有名な鉄筋コンクリート建築物なので、見てみたかったのです。
70年以上前に建築されたものとは思えないほど、素敵なデザインです。 特に2つのスロープが交差しているデザインが素敵です。

コンクリートの建造物より、自然に近い状態の場所の方がペンギンにとって環境が良いので、ペンギンは他の場所に移されています。
エリマキキツネザル 他のエリアに行こうと歩いていたら、11:45からのショーに出るエリマキキツネザルが飼育員さんとお散歩してました。

エリマキキツネザルが散歩しているところを見られるのは珍しいから、写真を撮っておきました。
しっぽがくるんっとしていてかわいい♪

息子は、このエリマキキツネザルに興味を持って、ずっと見てましたよ。
トラ&ペンギン
イノシシ、アルパカ、ラクダなどを見てから、トラとライオンを見ました。 暑いからかトラもライオンも寝てばかりで、まったく動かないから、息子も興味を持たず、ちょっと見ただけでした。残念。

動物園に来ているのに、息子はいつも見ているハトが気になるようで、追いかけまわしてました。
ハトを追いかけまわしてばかりで、次の場所に進むまで時間がかかりましたよ。
からくり時計&順路の足跡
歩いていたらBlackburn Pavilion(ブラックバーン・パビリオン)のところに人が集まっていたので行ってみると、からくり時計が動いていました。
写真を撮った時には、すでに動き終わっただったけど、鳥が動いていてかわいい時計でした。

右上の写真のように、道には数字の書かれた足跡があるから、今いる場所がすぐにわかって便利です。
本当はこの数字通りに見ていくのがいいみたいだけど(笑)

お昼になったからオアシスカフェに行ったけど、混んでいたし、中は蒸し暑かったので、フィッシュ&チップスのお店で食べました。 チップス(フライドポテト)が大量に付いていきてお腹いっぱい!
子供用のサイズでちょうどよかったかも。

14時からペンギンの餌付けがあるので、ペンギンの近くを散歩していたら、13時半頃から人が集まりだしたので、私達も場所取りをしました。 1番前を取りました。
ペンギン
14時になると飼育員さん2人が来て、ペンギンに魚をあげ始めました。 魚を取るために一生懸命ペタペタ歩く姿がとてもかわいい♪ 息子もずっとペンギンを見てましたよ。

次はナイトゾーンへ行きました。 中は暗いから、もしかして息子は寝るかな?っと思って息子を見たら、いつの間にか寝てました。 このナイトゾーンには、見たことがない小さなサルやコウモリがいて、コウモリは本当に逆さまにぶらさがってましたよ。 大きなコウモリだったから不気味でした。
シマウマ&オカピ
息子が寝ている間は、アフリカエリアまで歩いてキリンやシマウマなどを見たけど、疲れたからソフトクリームを買って休憩。 ソフトクリームを食べていたら息子が起きたので、またアフリカエリアに行きました。
シマウマを見せたら「ワンワン」と言ってるんですけど・・・犬じゃないのに…
オカピは、遠くの方にいて動かなかったので、興味を持ちませんでした。残念。
キリン
次はキリンを見せたら、すごく興味を持って、ず〜っと見てました。 そろそろ移動しようかな?っと思っても、息子はキリンから離れず30分ぐらい見てました。
キリンを近くで見られるように、橋のようなものがあって、水の入った大きなペットボトルが置いてあります。

キリンが水を飲むところが見られるのですが、キリンは大きいから近づきすぎるとちょっと怖いです。 でも、よく見るとまつげが長くてかわいい顔をしています。

キリンが気に入ったから、ぬいぐるみを買おうと思って、ショップに行ってキリンのぬいぐるみを息子に見せたら、いらないと拒否されました(涙) ぬいぐるみじゃダメなのね。
東トンネル&時計塔
歩いていたら遺産の看板がありました。 東トンネル(左上の写真)と時計塔(右上の写真)がありました。
両方ともデシマス・バートンの設計です。 建築物を見るのが好きなので、動物園に来ているのに建築物が気になってしまいます。 他にもデシマス・バートン設計の建築物がたくさんあるので、歩くのが楽しくなります。

息子にとって初めての動物園でしたが、たくさんの動物を見ることができて楽しめました。 また動物園に行ってみようと思います。


ホーム  »    旅行記  »  ロンドン動物園

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー