ホーム  »    旅行記  »  バルセロナ1日目
バルセロナ2日目へ-->

芸術の街バルセロナ
サグラダ・ファミリア

11-16 February, 2005

スペインの北東にあるカタルーニャ地方の州都であるバルセロナに行ってきました。
2月の中旬なのでまだ寒かったけど、それでも空は青く澄んでいたのでうれしくなりました。

バルセロナにはモデルニスモ建築と呼ばれるカタルーニャ地方独自の建築物が多くあるので、一度は訪れてみたい街だったのです。

食べ物もおいしいし、天気は良いし、観光するところもたくさんあるのでまた行ってみたいです。

電車に乗って岩山に修道院があるモンセラットにも行ってきました。景色が最高でした。

 1日目 バルセロナへ
 2日目 モデルニスモ建築
 3日目 ガウディ建築を堪能
 4日目 モンセラット
 5日目 コロニア・グエル教会
 6日目 バルセロナでお買い物





バルセロナへ
カタルーニャ音楽堂

1日目
11 February, 2005

久しぶりに飛行機に乗る旅行をしました。
バルセロナ・プラット国際空港に着いたのが14時頃だったので、夕方からバルセロナの街をぶらぶらと散策したり、次の日に行くカタルーニャ音楽堂のガイドツアーの予約をしました。

市場に行ってみたり、お店を覘いたりするのも楽しかったです。




14時頃にバルセロナ・プラット国際空港に着きました。
スペイン国鉄のRENFE(レンフェ)に乗ってバルセロナに行くので、看板に従っていくと長い動く歩道がありました。 動く歩道を歩いていくと駅に着いたので、切符を買おうと思って自動券売機のところに行ってみました。
英語表示にしてみたけど、どうやって買うかよくわからなかったから結局窓口で「サンツ駅まで」と言って買いました(2.30ユーロ)
レンフェの切符 30分に1本しかない電車なので時刻表を見ようと思ったら、ホームに電車が着いていたので急いで電車に乗りました。
電車に乗ったらすぐに出発したので、もうちょっと遅かったら30分待つところでした。
危なかった〜
サンツ駅に着いたので、次は地下鉄L3に乗って、ホテルがあるParal-lel(パラレル)駅に行きました。
地下鉄の切符は全線均一で1.15ユーロなので、自動券売機で買うのも簡単です。
地下鉄の切符
ホテルはパラレル駅の出口から歩いて10秒という、とても便利なところにあります。 お手頃な価格なのにきれいなホテルでした。 PCを持っていけばネットが使い放題なので便利♪

Hotel Barcelona Universal
住所:Paral.lel,76-80 Barcelona
TEL:+34 (0)93-567-7447  FAX:+34 93-567-7440
Web:http://www.hotelbarcelonauniversal.com

チェックインしてから部屋に荷物を置いて、早速バルセロナの街を散策することにしました。
まずは歩いてランブラス通りに行きました。
この通りは真ん中が広い遊歩道になっているので、お花屋さん、似顔絵屋さん、鳥や亀などのペットショップ屋さんなどが並んでいたり、大道芸人がたくさんいるので歩いていても飽きません。

通り沿いにはたくさんのレストラン、バル、お土産屋さんが並んでいますが、ほとんどが観光客目当てのお店なので気をつけましょう。
スペインはスリや強盗が多いと聞いていたのですが、街や地下鉄を警察が巡回しているので、それほど危ない感じはしませんでした。 でも油断は禁物なので路地を歩く時や夜はバッグは持ち歩かずに必要な物だけをポケットにしまって行動する方がいいと思います。
カタルーニャ音楽堂のチケット
バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院(ユネスコ世界遺産1997年登録)

カタルーニャ音楽堂に着いたので、建物がガラス張りになっている方の入口から入って窓口に行ってみました。
「明日のガイドツアーの予約をしたい」と言うと、「明日の予約はここではできないから、お土産屋さんで予約をして下さい」と言われました。 当日の予約は窓口でできるけど、次の日の分はお土産屋さんでないとできないみたいです。

外に出て左に曲がって歩いていくと、右側に音楽堂のお土産屋さんがありました。
お土産屋さんで「明日のガイドツアーの予約をしたい」と言うと、言語は英語かスペイン語どちらがいいか?何時がいいか?を聞かれます。
英語ツアーは1時間ごとになるので12時にしました。チケットを発行してくれるので当日そのチケットを忘れずに持っていけばOKです(8ユーロ)
カタルーニャ音楽堂
カタルーニャ音楽堂は1908年にリュイス・ドメネク・イ・モンタネルによって建てられました。
ガラス張りの方は新しく増築された建物で、反対側は今までの建物になってます。
上の段2つと真ん中の段の左の写真が今までの建物なので、彫刻、モザイクタイル、ガラスで華やかに装飾されています。 音楽堂の内部はもっと華やかなので、次の日のガイドツアーが楽しみです♪
カタルーニャ広場
ガイドツアーの予約もできたので、再びバルセロナの街を散策することにしました。
上の写真はカタルーニャ広場です。
鳩がたくさんいて怖いのですが、噴水や芝生があるのでのんびりするのにはいいかも。
この広場にはたくさんのバス停があるので、バスに乗る時は便利です。
カナレタスの泉 カタルーニャ広場の近くにランブラス通りがあるので、また歩いてみることにしました。

左の写真のように蛇口から水を飲んでいる人がいたので、なんだろうと思いガイドブックで調べたら、「カナレタスの泉の水を飲むとまたバルセロナに戻ってこられる」と書いてありました。

初日からスペインの水を飲んでお腹をこわしたら嫌なのでやめておきました(笑)
サン・ジョセップ市場
歩いている途中でピタサンドのお店があったので、ポジョ(チキン)のピタサンドを食べました。
お店の人が肉をピタに入れてくれるので、10種類以上ある野菜から好きな分だけピタに入れます。 食べる量を調節できるからいいかも。
お腹が空いていたので、あっという間に食べてしまいました♪

もう少し歩いていくと、右側にサン・ジョセップ市場が見えてきました。
左上の写真では小さくて見えないのですが、真ん中の看板にST JOSEP(サン・ジョセップ)、LA BOQUERIA(ラ・ボケリア)と書いてあります。 ボケリアはカタルーニャ語で”市場”という意味です。

看板はステンドグラスでできていて、光があたるときれいです♪
中に入ってみると、たくさんのフルーツ、野菜の山があってびっくりします。 歩いているとフルーツのいい香りがしてきて食べたくなります。

もっと歩いて行くと、肉屋さん、たまご屋さん、ハム屋さん、魚屋さんがあります。 肉屋さんには、まだ羽や毛がついた鶏、鴨、うさぎがぶらさがっていてかなりびっくりします。
あのうさぎを自分でさばくのには勇気がいります。
魚屋さんにはいろんな魚や貝が並んでいて買って帰りたくなりました。 買って帰るのが無理な場合は、市場内にあるバル(カフェ&居酒屋)で食べることができるので、他の日に食べてみようと思います。

歩いていたら、だんだん頭が痛くなってきたので、ホテルに帰って休みました。 ちょこっと寝たけど治らなかったので、夕食は旦那様だけで行ってもらいました。 旦那様は1人で街をぶらぶらしてから、ホテルの近くのバルで食べたそうです。
帰ってきたのは23時ごろでした。1人でも楽しかったみたいです。
お土産にいかリングを買ってきてくれました。
頭が痛いのも治ったので、いかリングを食べてみたら柔らかくっておいしかったです。

次の日は、いろんなところに行く予定なので早めに寝ました。
いかリング


ホーム  »    旅行記  »  バルセロナ1日目
バルセロナ2日目へ-->

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー